face_2.jpg

京都市長

門川 大作

 
 
 
 
 
 
 

多彩な奉仕活動に取り組んでおられる西日本各地の皆様が,心を一つにされる本大会。ここ京都で開催されますことを大変嬉しく思います。

 

コロナ禍の厳しい状況にあっても皆様は,ハイブリッド形式での会合など工夫を凝らして活動を続けてこられました。加えて,会員の皆様から提案・提言を募集されるなど,ピンチをチャンスに組織改革に取り組んでおられます。貴い歩みを続けてこられた古田裕和西日本区理事,溝口誠大会実行委員長をはじめ,会員の皆様に深く敬意を表します。

 

危機の中でも未来を展望し,苦しい状況にある多くの方々に手を差し伸べる。皆様のそんな御活動に力をいただきながら,本市といたしましても,必ずやこのコロナ禍を乗り越え,「誰一人取り残さない」持続可能な社会の構築に京都から貢献してまいる決意です。引き続き,御理解,御協力をお願い申し上げます。

 

結びに,この度の大会を機に貴会がますます発展されますことを心から祈念いたします。